あなたが今直ぐ出会い系を止めるべき理由


ご存知の方には常識のスタービーチを筆頭に、web黎明期と共に歩み続ける所謂「出会い系サイト」
いつしか騙されて当然みたいな印象しかない怪しいサイトという認識が定着してしまっており、インターネットの普及と共にその存在自体に翳りが見えてきて・・・というわけでもないようです。
今現在、私が唯一利用しているとあるコミュニティサイトで、2015年現在の出会い系サイト業界の実情について触れられたコラムが面白かったのでコンパクトに紹介しようと思います。

「ビジネス」が荒らした出会い探しの場

よく「他のサービスなら必ず登録日にメールを貰える」「1日10通以上はメールをくれる積極的なユーザーばかりだった。過疎地!」とのご意見を頂くのですが、キャッシュバックプログラムを持つサイトでのやり取りには必ず「報酬」が発生しています。

メールの通数や写真の閲覧数が全て実益に直結するわけですから、積極的に見えるのは当然な事であると言えますし、「天然のサクラ」であると言っても過言では無くなってきます。

弊社サービスには大手他社サービス様のような「アフィリエイト」「キャッシュバック制度」を導入しておりません。

つまり報酬を目的とした勧誘行為や、都度発生するお小遣いを目的とした積極的なメッセージ交換を行うユーザー様はゼロです。

各々が違った目的やお好みを持つユーザー様達で構成されるコミュニティですから、反応が無い、アクションが無い、と言った事も当然のようにあるという事になります。

弊社サービスは、他社サービスに慣れてしまった方や、効率的な出会い、手軽で結果がすぐに見える出会いを求めるユーザー様には不向きかもしれません。

しかしそもそもネットを通じた出会い探しというものは簡単なものではありません。

インターネットは素晴らしいものです。いつも通り生きているだけではおよそ交じり得なかった男女が知り合い、仲を深める事が出来る。こんな素晴らしいシステムは無いですよね。

しかし、便利なだけにそれを利用してビジネスを行おうと考える業者も増えていき、結果的にコストがかかる、騙される等、黒いイメージの蔓延に一役買ってくれましたね。

そんな出会い系サイトは法律をも動かしました。いわゆる出会い系サイト規制法の誕生です。

この法律により、悪徳とされる全ての出会い系サイトは死に絶えたと言えるでしょう。

しかし出会い系は死にません。ここで一気に頭角を現し「大手健全サイト」となるコミュニティは、おそらく皆さんご存知の各サイト様です。

「出会い系」という元々のダーティーなイメージがあるからこそ現行の大手コミュニティサイト様はとても健全な出会い探しの場に見えるでしょう。

しかし前述の通り、そこには明確なビジネスモデルがあり「キャッシュバック」と「アフィリエイト」による「報酬」が発生しており、今日も何十通ものカリソメのメッセージ交換が行われています。

一時的な心の寂しさは凌げても、誰かの報酬のために踊らされているんだなと考えるとちょっと嫌な感じですよね。

よく「他のサービスなら必ず登録日にメールを貰える」「1日10通以上はメールをくれる積極的なユーザーばかりだった。」とのご意見を頂くのですが、キャッシュバックプログラムを持つサイトでのやり取りには必ず「報酬」が発生しています。

メールの通数や写真の閲覧数が全て実益に直結するわけですから、積極的に見えるのは当然な事であると言えますし、「天然のサクラ」であると言っても過言では無くなってきます。

キャバクラやホストの方が健全かもよ

・・・と、コミュニティの歴史を振り返り、ひとつのビジネスモデルとして成立している現在の出会い系に触れつつ、人間同士のやりとりが発生しているにも関わらず出会いが成立しない現状を憂い、そんな業界に一石を投じたい旨で結んでいました。

いくらクリーンな顔して広告を出していても、出会える場がある、登録すれば出会えて当然!という考えはなかなか通用しないようですね。
経営側の養分になってる事に気づかず、お金を垂れ流しながら寂しさが紛れるならそれはそれでいいのかもしれませんが、サクラによる騙し行為が無いとはいえ、やってる事はサクラの雇用よりもっと悪どいですよね。キャバクラの方が目の前で会話出来る分健全なように思えます。

出会い系なんて使わない方がいい

このコラムを掲載しているサイトのように本当に出会いを成立させたい人たちは今後淘汰されていくのではないでしょうか。
どれだけお金を使って広告を出したか、どれだけ涼しい顔して一般市民を欺けたかで信頼を得られるかで成立するような業界なら、足を突っ込まないのが一番の選択だと思います。
仮にこのサイトに登録して活動しても、リアルな出会いに慣れていないユーザー同士の出会いはなかなか成立しにくいでしょう。特に一晩限りだったり、援助目的を嫌う運営なら尚の事です。
だから、出会い系は使わない方がいいです。
「騙されるから」じゃなくて「虚しいから」という理由で。

ネットは便利で素晴らしいものだけど・・・

コラムでも触れられている通り、インターネットは素晴らしいものです。
すれ違うしかなかった他人との間に関係が生まれるのはとても不思議で、便利で、楽しいものであるはずです。
特にSNSとは違い恋愛に特化したサービスを展開する上で、もっと違うビジネスモデルを講じ安定していればもっと幸せな人が増えていたはずではないでしょうか。
利益のために無知な子羊達から搾り取り続け、それが正しい事であるような構図は、政治家と国民の関係に通じるものがありますね。

ワクワク、ハッピー、YYC。搾取者達によって用意された幸せに慣れきった出会い系ユーザー達は今後どうなっていくのでしょう。
きっとみんな元々は心の寂しさに耐えられず活動を始めたのでしょう。心が弱っているとどんな言葉でも暖かいものとして受け入れてしまいがちです。
みなさんが漏れなく幸せになるのは難しいでしょうが、楽しい事が多い人生を歩んでもらいたいものです。

じゃあ何処で出会えばいいの?

最近のネットユーザー、というか日本国民、というか世界中の現代人は、お金を払ってサービスを受ければ上質なサポートと満足いく結果を手に入れられて当然と思っている人が多いように思います。
お客様意識が高いというか自力での行動力が無いというか。
出会い系に登録しても望みの出会いなんて得られません。受動的な貴方は特に、養分として利用されておしまいです。
そもそも何かを得たいからサービスを利用する、という考え自体がすべてに当てはまるものじゃありません。
自分で行動する。失敗したら失敗したでしっかり反省し、教訓とし、自分を昇華しする事で人間としての深みも増すものじゃないでしょうか。
バーに出かけましょう。イベントへ参加しましょう。ボランティア活動をしましょう。会社では積極的に声をかけてみましょう。SNSで気軽に話しかけてみましょう。昔の友達に連絡を取ってみましょう。
やれる事は沢山あります。やり尽くしてしまう事なんてありません。どうせダメだと思うならそれまでです。
画面に表示されたプロフィールより、貴方の声の方が何百倍も魅力を伝えられます。
画面越しのやり取りじゃないから、プロフの非表示や退会して逃げ出す事も出来ません。それが力になります。
貴方と同じく出会いを求める異性は山ほどいます。web上のアバター数が人間の総数ではありません。
臆せずスマホを投げ捨てて外に飛び出してみてはどうでしょうか。